February 2009

February 28, 2009

ジンクス見事達成!

すごい!ほんとにみんな来てくれたねえ?!
昼までの雪をものともせず女子くるくる!
すっごい感動した!ありがとう!
「こんなにがんばってきて雪のせいでオトコ祭りだったらどうしよう
と思った」(取引先の『磯子』から19:31両国着のJRでかけつけ
た常連談)
着いてみたら女子のほうが多かったのでホントびっくりしたそうで。
そりゃそうだよ、今日はオトコ祭りの条件揃いすぎだもんね。
月末であでやか系イベント多いし、決算だ花粉症だインフルエンザ
だっていってとても遊んでる場合じゃない方も多かったと思うのね。
そう考えると今日の盛り上がりは奇跡的だったよお。うる。

レッスンは毎回みんなにちょっとばかり負荷をかけようと私に欲が
出て、今日のなんかは男子にはほんとにご苦労さまでしたと肩でも
ぽんぽんたたいてあげたい。すっごい難しいよ、あれ。
ああいう「どこがどうなってんだか全然わかんねーよぐーるぐる」
系のはキューバのスタイルが原型だね。一拍はずすと全てが崩壊
するから完璧に自分の中で納得しておかないとまず成功しない。
でもあれをクラブでさくっと決める男子に女子は
「おおおおお〜〜〜〜この人頼れるう!!!」って感嘆してしまう。
ぐいぐい歩きながら、笑顔で力強いリードでね。
一方でそのあとのヘッドループからCBL&肩スピンは完全にアメリ
カンのスタイル。こうやってとりまぜていくことによって面白さも華も
出せる。ぜひマスターしてほしいです!

女子にはフリースピンからの左腕の抜き方三種類をスタイル別に
解説しました。こないだ新宿御苑のレッスンで「自分の顔立ちと
性格にあったのを自分で選んでちょうだい、私は一応全部教えとく
だけだから」って言ったらみんな笑ってたけど、これ、笑い話じゃ
ない。私はおおまじめに言ってるんだよ。

LAスタイルが嫌いっていう女性はすっごく多いよね。
スタイリングがあまりに「やらしい」からというのが理由。
やらしい、というのはエッチって意味と違って、「ちょっとそれって
どうなの」いうムードを感じるわけでしょう。
でも本職のLAスタイルは全然やらしくない。
あれはあれでものすごく迫力あってかっこいい。
それが反感を買うことが多いのは、外側の形だけ真似してるとこに
どうしてもやらしさが出ちゃうからなんだよね。
LAスタイルでもなんでも、基本はまず強靭な軸にあるんだよ。
平気のへいざでぱーん、すこーんと回転できるのがまず土台。
そのうえに腕のスタイリングをつけたときにかっこよくみえるように
できているのに、軸もスポット(目線)もないところに腕のスタイリング
だけくっつけるとやらしさ全開になっちゃうわけだ。
だからベースの練習・・・カラダをつくって、軸をつくって、脚を鍛えて
っていう地味な練習が大事なんだな。
私は「あなたにはこれが似合うよ」というようなことはよほど信頼
関係ができないと言わない。だってそうでしょう、みんな自分で
自分のスタイル選びたいでしょ?だから一職人としてわかることは
なんでも教えるけど、そこから先は私の領域じゃない。
いったん真似してみるのは大事。定番には必ず「理由」があるから。
次に自分で工夫するのはもっと大事。
このときに自分の姿かたちと率直に向き合う。
やりすぎはおかしい。でも力があるのに逃げに入るのも惜しい。
フィルターかけないで自分とむきあうのってけして簡単じゃないけど、
そういうことができる人がほんとに上手になっていくんだと思うよ。

と妙にリキ入ったのは今日初参加の男性から、このクラスの女子が
とてもよい、とベタ褒めをいただいたからです。
フォローがちゃんとできてるし、音楽をちゃんときいてる、って。
すごいじゃん!さすがあおいらの生徒!!!

ぼっしゅ

とにかく嬉しかったわけ。だからもっとうまくなってほしいなと欲が
でたのダ。

どんどん会場入りしてくれる方々、MAMBO GOZONがんばってくれた
方、新人さんに教えている常連さんの姿、P-TODDのあいかわらず
豪華なカバー曲特集、それにあわせてカラオケなみにうたいあげる
人々、そしてそのままカラオケに行っちゃった人々・・・。
今日は遊び場の醍醐味を心から味わえた日でした。
なんにも無理してないのにそこにいたみんなが幸せだった。
それがすごく伝わってきた。やっぱり雪の日が好きです。




February 27, 2009

雪やこんこ

10月10日は「絶対晴れる日」として有名ですが、逆に「絶対降る日」と
いうのが存在するのを皆さんご存知でしたか?私はつい最近それを
知りました。昨日2月26日がその日。そう、中学時代に歴史でやった
「2・26事件」の日とは「絶対雨かみぞれか雪になる日」だったんです。
だから昨日は「さ〜ほんとかな〜」とある意味楽しみにしていました。
そしたらやっぱり振りましたね。といっても降ったりやんだりでしたけれ
ども。

そして今朝カーテンをあけたらこれですもん!
本当はこれこそ「2月26日の風景」になるはずだったんです。
今年は一日ずれたんだね。でもここのとこどんどんあったかくなってきて
「この調子だと今年は雪はないな」という話をこないだしてたばかり
だったんです。でもやっぱり降るもんは降る。歴史はあなどれません。

雪といえば私にとってはとっても感慨深い一日があります。
昨年2008年の2月3日の日曜日のこと。当時は市川のカフェでレッスン
をしていました。このときがアタマを抱えたくなるような大雪で、雪合戦も
雪だるまもいけそうな勢いで降るわ振るわさー大変。
これでは女子はまず来るまい、と茫然自失。ああどうしよう、RIOクラス
名物「オトコ祭り」必須か、と覚悟をきめて会場に向かいました。

そしたらどうでしょう!女子がかわいい長靴はいていっぱい来てくれ
たんです!そのときのご来場者のお名前が今手元にあるんですけれ
ども、一年たった今見ても涙が出そうになります。

続く2月6日の水曜日、飯田橋の日もまた不吉にもさらりさらりと雪が
舞っていました。駅から徒歩12分、今度こそダメだろう、と腹をくくった
ものでした。

そしたらどうでしょう!やっぱりみんな来るわ来るわ、総勢27人で
いつもと全く変わらぬ熱いダンスパーティーになりました。

それ以来、私には「わがクラスは雪に強い『犬』タイプである」という
ジンクスが確立されました。
今晩もどっと愉快にはじけましょう。
ペアワーク、またいいの用意していきますからね〜♪

MAMBO GOZON最終回、ラストステップを様々な曲にのせて踊ります。
どんなサルサにもチャチャにもぴたりとはまることに私自身がびっくり。
めっちゃ気持ちいいです。たくさんの方にご体験いただけたら嬉しい
です。そして最後の最後は怒涛の2分47秒を駆け抜けましょう!

乾杯のあとは次のテーマ曲”LA MUJER LATINA”でフリータイム
スタートです(まだ音源ががちゃがちゃで申し訳ないです)。この曲に
ぴんときたら、ぜひ恵比寿の仲間に加わってください。
6分を超える大作に挑戦します。私にも未知の領域です。
この旅路をともにしてくださる生徒さんを心よりお待ちしております。

P-TODDは得意の「カバー曲特集」で私たちを歌いながら躍らせて
くれるようですよ。

というわけで、私たちは「喜び庭かけまわり」ましょう!
今晩も盛大に、よろしくうう!!




salsaconsul at 13:12|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

February 26, 2009

ひくっ ひくっ

朝からお灸だ電気マッサージだ、となまったカラダにカツをいれて
木曜日。さーて恵比寿だ、はりきっとります!
今日はNYから帰って一番はじめにやったレッスンでみんなが
「できないできない、三回になるとどうしてできないの〜〜〜」と
わあわあ言っていた「肩のうしろひき」いきます。そうなの、あれ、
肩まわすよりよよっぽど難しいんだよ!!!実は私もニューヨーク
滞在中もっともアタマをひねったことの一つ。ゆっくりだとものすごく
簡単なのに、スピードアップした瞬間肩が凍ったように動か
なくなる
んだよね。不思議だよね?
帰国してから調べた調べた(滞在中は単なる慣れの問題だと
思っていたのとネット接続があまりに遅いのとトラブルがあまりに
続くのとで調べられなかった)。そして今日はその答えを大公開!
衝撃の真実が明らかに!
あなたの凍った肩、溶かしてみせます!


そしてペアワークは恵比寿らしく「心はいっぱいいっぱい、でも見た
目と笑顔は流れるように美しく」をモットーにビューティーフォーな
コンビを構築しますからね〜。MAMBO GOZONも心をこめて踊り
たいと思いまっす!

ご参加表明、インフルエンザ表明、接待表明などなど、あらゆる
ご連絡に感謝します!
You'd be so nice to come EBISU to♪by Rio Merrill



salsaconsul at 15:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 25, 2009

さらばMAMBO GOZON!

息もたえだえの確定申告書。
入力とチェックにかかるストレスと消耗たるや心身まさにボロ雑巾。
それにもう花粉症の時期でもあるものね、春到来の前にこえねば
ならぬ日本の2月です。

しか〜し!「毎日は妖精のように軽やかなのよおほほほ」的な振り
付けでなくてはな〜。
このあいだのアフター飲みでも話したんだけど、振り付けがうまく
いかなくてどーしようもないときは布団をアタマからかぶってギャア
と叫んで転がってます。あの醜態は誰にも見せられんわ〜。
でも今この瞬間は安らぎたい。ふつーの茶をずずいと飲んでます。

ここのところ一番の懸案だった「次のシャインの曲、どうするか」が
ようやく決まりました。入手にものすごく苦労していたCDをついにアメ
リカのネット通販で見つけたのだあ!あとはあのにっくきUS POST 
OFFICEがちゃんとやってくれるかどうかだな(なぜにくいかは「NY
の旅」をご覧あれ)。神頼みの要素もややありますが、今手元にある
がっちゃがちゃの音源をきくと、やっぱりこりゃ圧倒的にすごいぞ。
ルンバにはじまりサルサにつなぎ、そこでメジャーに転調していき
なりサンバにしてしまう。でもって最後は怒涛のダーティーサルサ。
起承転結見事な四部構成。それなのにつなぎに一切の違和感が
ない。よほど注意してきかないと何がおこっているのかわからない。
NYON2ベースにしますがその枠におさまるかどうか、とにかく曲が
すごすぎる。6分をこえる大作、どう手なづけるか、一体いつ完成
するのか・・・魂が燃えるぜいっ。3月からともに恵比寿で燃えて
くださる方、どうぞよろしく。

というわけで明日は恵比寿での最後のMAMBO GOZONレッスンと
いうことになります。昨年後半以降ご参加くださっている方は前半や
中盤にあいまいな点があると思いますので、そこを徹底的に仕上げ
ましょう。そしてあさって両国ラキアではご希望の方全員をおむかえ
してラストの部分を完成させます。最後は一曲通しちゃうよ〜。
今後いったんこの曲は封印されます。いつか日の目をみるその日
まで、さようなら。これまで本当にありがとう。思い出がいっぱい。うる。









salsaconsul at 16:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

フラット

ニューヨーク滞在中、水道管が破裂してドミトリー水没の危機に
瀕したときに、零下の中ともに水をくみ上げた戦友・TAKEさん。
彼は日本でけっこうな会社を辞めてDJで身をたてるべく渡米した
ということで何かとウマがあいました。

けっこうな身分を捨てるということは、成功するまで家族に認めて
もらえないということ。私の場合はサルサ、彼の場合はDJ。
ともに親兄弟から「それはぜひがんばりなさい」とはいって
もらいにくい。
結果だしてなんぼなんだよね、説明してもだめだよね、と笑った
ものでした。

彼の仕事ぶりをみていると「あ、この人おっきなカイシャでシャイン
じゃない社員教育しっかりうけた人だな」ということがよくわかるん
ですね。ほかのスタッフさんに何かとアドバイスをしていた。
だから「DJやるからアメリカ行く」と宣言したときの親御さんのショック
と不安は察するにあまりあります。
親に理解してもらうために仕事するわけじゃないけれども、仕事で
成功することは大きな親孝行になるわけで、親の理解があるか
ないかということが気持ちの底辺でかなりの影響力を持つのは
事実。読者の皆さんの中には早くに親御さんをなくされた
方も少なくないと思いますけれども、いつまでも「今の自分を見てて
ね」という気持ちはなくならないものなんじゃないでしょうか。

さて、ニューヨーク滞在中にそのTAKEさんが話してくれた印象深い
お話。
彼自身はまだまだ駆け出しということで、大きなイベントになれば
なるほど順番はアタマのほうになります。ある夜、自分の出番がお
わったときに「よかったよ、すごいじゃないか、がんばれよ」と気さくに
声をかけてくれた人が、その日のトリを務めるカリスマDJだったと
いうことがあとでわかった、という話です。
そのときの「ほんっとにすごい人ってのはどんどんフラットになって
いくんだよね」という言葉がいつまでも私の中に残っています。
それが彼がニューヨークにいる理由なんだそうで。
ビッグになればなるほど気さくになっていくタイプの人に会えるから、
と。

それを余裕とよぶか、器とよぶか、言い方はいろいろあるでしょうが
ダンス用語でいえばまさに「肩の力が抜けている」って言葉がぴったり
なのかなあ。
自分の存在に絶対的な自信とよりどころをもてている人だけが発する
優しいオーラが確かにあります。

仕事を続けていくということは大勢の人とうまくやっていくこと。
その中で変わらぬ自分を貫きつつも柔らかくあるために・・・
それこそがフラットな状態だと思うんですが・・・人間をこえた何かを
信じる気持ち、もしくは何もかも包んでくれる心のふるさとが必要だな
と感じることはよくあります。
うーん・・・いずれにしても簡単じゃないけど。




February 24, 2009

一流ってなに?成功ってなに?

おいらの恩人の一人にドラムやってるヤツがいてね、今日はその
お話。
恩人っていうのは基本的に自分嫌いなおいらに「君はいけるよ」
っていってくれる人のこと。みんなにもいるでしょ、そういう人。
ヤツは私が今サルサインストラクターをやれてる原点になったような
人で、人生におけるキーマンの一人なんだよね。

こないだ夢にヤツの関係者が出てきたんで「そーいえば」と思って
ひさしぶりに連絡してみたら、「ライブやるからこい」ってわけで
新宿のライブハウスにいってきた。かんぺきなる「はあどろっく」ですよ。
んもう、会場真っ暗&煙もくもく。おいらは基本的にきける音楽の幅は
広いんだよね。ただ一点、うまきゃいいの。
で、ヤツはドラムやりたくてロサンゼルスまで師匠をおっかけていった
くらいドラムを愛してて、そりゃもうほんとにうまい。
あれだけ手足をばっらばらに動かせる人間がなんでサルサがからきし
ダメなんだか不思議なくらいうまい。

あとでわかったことだけどヤツは「右」と「左」を区別できない障害
(?なのか?本人はそういってたぞ)があるんだってさ。
右っていわれても右って体のどっちかがわかんない脳なの。
何パーセントだかの割合で存在するらしいね。
だから右と左が非常に重要なサルサはヤツには全然ダメなんだよ。

でもドラムの場合、「あそこ」と「ここ」と「こっち」と「あっち」みたいな
感じで感覚で体を使えるのがいいらしんだよね。
体の真っ芯で叩くから音がものすごい「ゴンぶと」。
ハラにくるんだよ。ビートは絶対狂わせない、グルーブもすごい、
ほんとにこのオトコはドラムを愛してるんだなあとつくづく感心するのだ。

ところが・・・哀しいかなそのほかのメンバーがあまりに弱い。
ギターは弾き足りない、ベースは全部ちょっとずつ遅れる、ボーカルは
ボイストレーニングをうけてないし英語の発音がひどいし立ち方もできて
ない。いいメンバーを集めるってのはほんとに難しいことだ。
『NANA』みたいに同じ学校にたまたま一流ばっかり集まるなんてことは
レア中のレアなんだろうな。

で、そのいかんともしがたくアンバランスな音の洪水の中で考えて
しまったんだよ。おいらの恩人にあたるドラマーはね、あれだけ
うまくて、でもドラムじゃまるっきりからっきし食っていけないし、いや、
たぶん食っていく気がないんだよね。
なんだかいろいろとやりながらどういうわけだか生計たててるの。
あのドラムの技術をもってすればどうにでもなるだろ!!!とこっちが
もどかしくなるくらいうまいんだよ。でも、メンバーは集まらないんだよ。

ね、どうなんだろ?一流ってどういうことなんだ?成功ってなんなんだ?
みんなにはわかる?

ライブがおわってすかすかの客席に出てきてすっかり「ただの人」に
なったヤツが知り合いに愛嬌ふりまいてるのみて「だまってりゃいい
オトコなのに」といったらそこにいた奥さんが「RIOちゃんもそうだから」

やかましーわっ


はあ・・・みんな自分以外のことはよくわかってんだよなあ・・・。






salsaconsul at 01:01|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)

February 22, 2009

ここはだれわたしはどこ

こないだのラキアがすっごい盛り上がりをみせて、踊りながら
「ごめんなさい」を連発。だってぶつかるんですもん
ステキだわ〜〜〜〜 SAWA−Dなんか「あんまり面白くて
次の日が木曜日だと思ってしまいました。」というメールを
くれました。ごめん、これは完全な内輪ウケなので一応説明
させてつかーさい。
この教室は昨年まで水曜日に毎週飯田橋でかなりの規模で
レッスン&アフターパーティーをやっていて、まあ紆余曲折は
種種ありながらも、とにかく狂ったように飲んで踊って
「同じアホなら」状態でかんっぺきにいっちゃった状態で、
最後は残ったドリンクをジャンケンで勝った順にいい銘柄をとって
いって(勝者はプレミアムかギネス、敗者はチューハイ)、それを
飲みながら大声で肩ぶつけあいながら帰る、という

君たち大学生?

↑なんとなく早稲田色。出身者の方すみません。
そういうイメージなものでつい。

的なことをやっていたわけです。で、それが水曜日の夜だったもん
だから翌日有休をとる者や机につっぷする者が少なからずいたと
いう噂で、「すみません、どーしても体調が・・・」ってけして嘘は
ついてない言い訳をしてたらしいんですね。
自己管理には問題あるとはいえども。

というわけで、「そのときのどーしよーもなくたるく、そこはかとなく
満ち足りた気分」のことを「今日は木曜日」と我々は呼びたくなる
わけです。おなごりおしゅうございます。

が、こないだの金曜日あたりの様子をみていると、その水曜日が
いよいよ金曜日に本格的にお引越しかあ?!という勢いを感じ
ました。DJ陣の選曲はすばらしかったし、ラキア常連さんはすごく
よく踊ってくださいますし、人が人をひっぱってきてくれてどんどん
混んできた。ついにおどりながら「すみません」「大丈夫?」を連発
するまでになりました。
この調子でフロアを塗りつぶしていきまっしょい!

さ、今日は新宿御苑ですよ〜。
幸いすばらしいお天気です。
決算処理で頭も肩も腰もだるさと重さを増した皆さま、ここは一つ
サルサでぐぐっと心も体も踊らせようではありませんか。
そしてクラブスターへの階段をまた一段上ろうではありませんか。
ご参加表明くださった方ありがとう!今後のご連絡もお待ちしとり
まっす!




salsaconsul at 10:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 19, 2009

なんかいいこと

二月の敵といえばインフルエンザと決算です。
こいつらばかりはどうにもこうにもなりません。
私も例外ではなく、この三日間ずうっとずうっとずううううっと
パソコンにむかって
かちゃぽんかちゃぽんかちゃぽんかちゃぽん・・・


ぎゃあああああああああっっっ


くっそおっ 
なんでこの世に会計なんちゅうもんがあんねん!!!
発狂しとりました。

そしたらね、昨日の夜、つまり三日間のかちゃぽん生活のあと
すっごいことがおこったんです。
なんだと思います?

「なんかいいことないかな・・・」って思ったんです。

これ、すっごく大事な話してるんですからね。
真剣にきいてくださいよ。

私はこの数十年、「なんかいいことないかな・・・」と思ったことが
一度もない人間です。青春時代に「なんかいいこと」などは絶対に
おこらないということをとことん悟りきっていたんです。
ひさしぶりのコート出したらポケットに1000円札入ってた、程度
のことはこの場合「いいこと」には該当しません。
人生を一転させるような、今この退屈で息苦しい場所から自分を
連れ去ってくれるようないいことというのは絶対におこらないのだ
とかなり若いころに完璧に自覚していました。
いいことというのは空から降ってくるものじゃない。
虎穴にとびこんでさらってくるものです。
でなければレンガを一個一個積んでピラミッドを作るようなものです。
「いいこと」には勇気と時間が要るわけですね。

だから世の中の驚くほど多くの人々がこの「なんかいいことない
かな」感覚をいつまでもいつまでも持ち続けていることにいつも
新鮮に驚いてしまうのです。こういうこと言うからなかなか友達
できないんだよねえ。こないだ生徒たちに「ほんとうのことさえ
言わなければいいんです。」と諭されたばかりなのにねえ・・・
(私はわりかし言い過ぎるためによく生徒に説教されます)。

そんな私の脳に「なんかいいことないかな」という感覚がおこった
ってどういうことか?

単調な作業をずっと続けるていると、脳は「なんかいいことない
かな物質」の生成をはじめてしまうということですよ!!!
人はまず考えがあって行動するとばかり思っていましたが、行動
によって逆に考え方のほうがものの見事に変化するということを
まさに実体験したわけです。
これは静かなる衝撃でした。

皆さん、願ってもだめです。動くことです。

今、今日の恵比寿オープニング振り付けがおわりました。
かちゃぽんによってクリエイティブ脳が破壊されるぎりぎり手前で
なんとか逃げてきました。今日のもかっくいいです!
骨盤を締め上げて回転の際の重心をきっちり中央にまとめる
動作を振り付けにいれてしまいました。
それに腕をまったく新しいアプローチで使ってみます。
幸いすばらしいお天気でよかったよお。
ではでは、恵比寿で!ご参加表明送ってくださった方、ありがとね!
それからバレンタインに師弟チョコやお菓子くださった方、おかげで
ばっちり体重増えてます。おいしいんだもん。



salsaconsul at 13:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 16, 2009

RIO presents 物真似FRESCA

「レッスン後の飲みがときにレッスン時間より長い」のが当教室の
売りでありまして、毎度帰宅の際に腹筋が痛いのはレッスンの
せいなのか笑いすぎのせいなのかよく考えさせられます。
寝る前の「ハラのツボ押し」は欠かせません。

教室開講以来まあ数え切れないほどの飲み会をやりました、というより
飲み会の数はレッスンの数とほぼ同じじゃないのか。
私が今みたいに独立してインストラクターをやる前から、つまりほかの
仕事とかけもちしながらレッスンをやっていた時代から、なんだかんだ
いってレッスンやってさようならってことはなかったような気がします。
とにかく歴代よく飲みよくしゃべる人たちなのです。
「この教室のカップル成立率はすごいですよね」とこないだ言われた
ばかりなんですけど、この「やたらと飲みやたらとしゃべる」伝統と無
関係ではないでしょう。

入会オーディションがあるわけでもないのに芸達者揃いで、ネタには
事欠きません。欠席した人がまな板にのせられるのは毎度のお約束で、
何をしてるかというと「そこにいない人の物真似」。
これが涙が出るほど皆抜群にうまい。
昨日も「本人より似てる」物真似が登場して私は転がりました。
昨日の場合例外的に本人がその場にいたんですが、その人そのもの
よりもまねしてる人のほうが本人に近いんですよ。この状態わかります?
「ペアで踊ってるときにちょっと手を離して踊る時間(オープンシャイン、
などといいます。)にはどーすればいいのか」というような話題で、「その
とき相方がむこういって酒飲み始めたら・・・」とかいうような、まあ毎度
おなじみのしょーもない酒の席の笑いだったんですが、そのときに
当教室のAちゃんだったら

「シャインですね?」

と人差し指をたてて言いそうである、というその物真似が・・・
思い出しただけで今夜も眠れません。

それからドラマネタもよく登場します。最近では水戸黄門と、実写版が
話題になっているヤッターマンがくんずもつれつごっちゃまぜになって
ます。もう一人のAちゃんに「かげろうお銀」こと由美かおるの入浴
シーンをやってもらう手はずになっている(欠席するとそうなる)んですが
昨日「出席」してそれをきいた本人といえば、早速手ぬぐいで額の汗を
おさえつつ「薪を足しておくれ」

そう、ここは
「そういうの嫌いじゃない人々」ばっかりなのです。

で、助さんを自認するA君がふううっ ふうううっ と火をおこしては
風呂場をのぞいて水をぶっかけられ、うっかり八兵衛ならぬしっかり
八兵衛に首根っこをつかまれてずりずりとひきずりだされる・・・・と
よくまあ次から次へと思いつくものです。

大体、
助さんは風呂焚きしないだろ?



salsaconsul at 18:50|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

February 13, 2009

あちゃーいたーせつなーっ

バレンタインデー、どうする?という特集があって様々な方から
コメントが届いているのをそれとなく読んでいたら、「娘が木曜の夜
1時までかかって友チョコをせっせと作っているなかに一個だけ
本命チョコがあった。さきほど帰宅。本命チョコだけ残っていた。」

あわわいたた 私こういうの、胃にくるのよ!
完全に感情移入しちゃうのよね。笑えるというか笑えないというか
あーうーイタイ!!!せせせ・・・青春だあ!!!

さ、大人も青春しましょう。青は青でもちょっと渋めの青ですが。
今日は男子にちょっといいことあるかも。うふ。

いやここはサルサのブログだろう、少しは本命にあたることを書こうよ。
みんなよくYOUTUBEで世界各地の人々のダンスを見てると思います。
私なんかよりよっぽど見てるんじゃないのかな。
みんなの熱意ってときどきこわいときあるもん
その中でときどき「ゆ・・・ゆるせん」てビデオ、あるよね。
大きな声で言えないけどこんなとこで書いたらそれ、

大きな声で言ってることになるだろ

いーの。ゆーの。
でね、私、実はこの「ゆるせないビデオ」をよく見るのよ。
「このゆるせなさはなんなのか」を研究するの。

渋いだろ?!

ゆるせないものを何度も何度も見る。
繰り返し見る。真似できるまで見る。
・・・つらい。

ある意味すっごくうまいペアのビデオ見る以上に学ぶことが
多いんだよなあ・・・。

一ついえるのは、やっぱり歩き方をどこまで追求してるかだね。
足の置き場をないがしろにして適当にまわってる男子はいかん。
あくまで豹のように、一歩一歩確実に歩いていくこと。
それから女子はリラックスしてるようでなよなよしてるだけなのは
見てていたい。リラックスの中にも一本筋が通ってないといかん。

さ、今日はおもいがけないバックトゥバック→フリースピンの入りなど
やります。プラスアルファはいつものようにだくだくに燃やして
みせましょう!では後ほど〜♪







salsaconsul at 16:18|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索