March 2006

March 16, 2006

「なが〜い尻尾」ってなんだ?・・・・んん??「ロングテール」??

RIOサルサをたくさんの方に知っていただくため、
日頃からWEB(このHP&ブログのこと)の上手な更新の方法を
ConsulSTATIONさんに教えていただいています。
ポイントは、サルサの教室を探している方に、いかに
「ここにいるよ〜」というメッセージを的確に伝えるか、とい
うこと。

おかげさまでHP開設3ケ月目にして、毎日のようにインター
ネット経由でお問い合わせをいただけるようになりました。
私はもちろん、生徒さん同士の仲間の輪が広がるという意味で
もとても嬉しいことです。

というわけで、WEBの世界ではキーワードがいかに重要か
身にしみて感じています。
ベストセラーの”ウェブ進化論”にもあるように、「ロングテ
ール」という概念が非常に大切なんです。

   「長い尻尾」???

ではここでご紹介!

私が実践し成功しているノウハウ「ロングテール」について
ConsulSTATIONさんのお仲間・滝井秀典さんが本を出版をする
ことになりました。 

3/17(金)まで先行キャンペーンを行っており、期間中は+α
として「キーワード広告、最新スーパーテクニック集」
(定価:¥3,000)をもらえる模様です。 

引き続き3/21(火)全国発売です。

HPやブログで仲間の輪を広げたい方必読です。
「なが〜い尻尾」の秘密はこちらで!

私も更に切磋琢磨しなくては。

スーパーテクニック集のもらい方詳細等
ご興味のある方は下記をご覧ください。よろしくです。 
▽こちら
http://www.niche-marketing.jp/book/campaign.html


以下ConsulSTATIONさんから
==================================================

takii_header



弊社ConsulSTATION代表の、またまた友人で、 
あのアマゾン立上げメンバー、現アマゾンの巨大なロングテールの
巨大な収益構造を確立し、先日アントレの表紙をかざった、
現カリスマ出版プロデューサー土井英司プレゼンツ!!期待の本。


<キーワード1つで「ロングテール」を1億のビジネスに変える!>
『1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方』 ついに発売!

takiibook_3











インターネット黎明期から「売れるキーワード」を徹底研究してきた、
キーワードマーケティング研究所の代表、滝井秀典さんが、ついに
そのノウハウを本にまとめました!

その内容はズバリ、「今すぐ儲かる検索キーワード」の見つけ方。

数多くのクライアントを成功に導いた、魔法のテクニックが、
公開されます。


http://www.niche-marketing.jp/book/campaign.html



--------------------------------------------------------------------------------------
  PS. 本日5度目の更新です。 

  どうもありがとうございます。
 
  アマゾンで「ハリポタ」「国家の品格」といった超ベストセラー
   を、追い抜いて1位 爆走中です。
 
https://image.blog.livedoor.jp/hidenori37/imgs/f/1/f1cbe61a.jpg

  今後ともよろしくを申し上げます。m(__)m 
   ConsulSTATION 代表 吉野裕仁
=================================================





すごいっす(^^)RIO



March 14, 2006

レッスンの様子を写真でお披露目

 今日のサルサレッスンの笑顔いっぱいの写真集を見てね。
 写真・・・今回は実はプロを手配してしまいました。


20586Jz


徐々にほぐれてきたね。



20591Jz


ふむふむ。



20590Jz


RIO走る!


 20623Jz



いきますよ〜



20605Jz


息があってきました。



20617Jz


お手本。



20618Jz


楽しくなってきました。



20630Jz


これはいいですね〜


 20633Jz



もうおてのもの。



20666Jz


ちょっと照れる・・・



20686Jz


接近戦!!



20689Jz


ソンブレロ完成!!


 20697Jz



わたしもくるくる
  負けられない。


20723Jz


思わず満面の笑み!!


 
20725Jz


サマになってきました。


 
20726Jz

自然と動けます。
はじめてとは思えない。



20765Jz


やっぱりたのしいな。


 20672Jz



さあみんなで。



20802Jz


やっぱりターンだわ♪




 このカメラマン”笑顔ふぇち”だそうです。

本日のサルサレッスンには13名もの方に お越しいただきました。
 本当にありがとうございます!

今日のメニューはリズムの取り方、2・3と3・2の手拍子、 ベーシック
ステップ、クロスボディリード、女性と男性の 連続回転(ヒーゴーズ
シーゴーズなどと言われることが あります。)、ソンブレロでした。

これを準ルエダ形式でどんどんパートナーチェンジしながら できる
ようにしました。 パートナーチェンジをしないで続けるとフロアでの
ペア ダンスにすぐに使えます。 特にソンブレロでひょいと腕をかける
ところをいかに滑 らかにするかがポイントですね。
ご家族、お友達、恋人、トレーナーをきせて腰のところを ひもで結ん
だキャスター付きの事務用椅子をお相手に、 しっかり復習してください。

 先日のジェントリーズサルサにも参加してくださっている方は、 今日の
コンビネーションにグアペア、プリマ、エンチュー フラを加えてみて
ください。 そしてベーシックとクロスボディリードを自信満々で つなぎに
使えば一曲もたせることも可能です。

男性は自分の踊りに自信を持つことが大切です。 クラブには上手な
踊り手がたくさんいますが、目移りすることなく 自分ができるコンビネ
ーションを堂々と繰り出す勇気を 持ちましょう。

また、女性は優雅に滑らかにステップを踏むことを心がけ ましょう。
すべるように移動するイメージを頭の中に 描いてくださいね。

次回のレッスンは21日(火・祝日)午後1時10分より、 市川のカフェ
ZAZOUにて行います。
さらに新しいコンビネーションにチャレンジしましょう!





March 11, 2006

「あの人はエロい」

塩爺のイベントから今戻りました。
考えさせられることがありすぎです。

特に印象深かったのは
「日本の転換点は戦後で、その後60年間根本的には何も変わって
いない。
いまだに高度経済成長のときと同じ考え方でやっている部分が大きい。
特に政治と教育では改革がなされていない。逆に大企業は大きく脱皮
したところが多い。
福祉と若年労働力の確保という従来の考え方の枠にとらわれるべき
ではない」
という部分でした。

人の上にたつ人はとにかく弁がたつ。
話に淀みがありません。
常に何かを考えているので言葉が豊富なのでしょう。

大勢の人に会ったので地元に戻るとどっと疲れがでました。
ここのとこ双方仕事のしすぎでご無沙汰だったサル友のS君に
連絡すると風邪で一日寝込んでいたとのこと。
ここのとこあったかいのか寒いのか神様もご存知ない日々だからね。
でも茶〜くらいしようぜってわけでジョナることになりました。

S君の最近のブームは「エロい」「エロくない」です。
聞いているとこの二つにはS君の職場だけに通用する基準があるらしい。
わかんねーよっと首をひねる私にこんな説明をしてくれました。

「取引先で車が趣味の社長がいてさ、歩いてていい車停めてあるとすぐ
写真をとるんだって。こないだそれを見せてもらったんだけど、
めくってたら『あ、それ私のです』って言うの。愕然とするくらい
すげえ車でさ。着てるもんはスーツカンパニーなのに、ど〜いう
こと、みたいな。
で、打ち合わせのあとみんなで飯行くことになって『あ、私近くに
車停めてあるんで、みなさん送りますよ』って言うわけ。あの車
乗れんの?ってなるじゃん。そしたらさ、『へっ?』っていうような
しょぼい車でぶろぶろぶろってやってきて『あの車は今日は自宅に
とめてありますんで』だって」
「ああ・・・嘘だね。ないんだね」
「どっちでも、いいんだよ。奴はエロいんだよ」
「ああ・・・ちょっとわかってきたよ」

つまり、いろんな意味で平気の平左というか。
そういう奴のことらしいです。

「取引するのはエロい奴か、かわいい奴かどっちか。
中途半端は駄目。ほんと〜に駄目。トラぶる。めんどくさい。」

エロい奴というのは、S君によるとDNAによって決まるそうで、
後付のエロさも可能は可能だけど、才能には絶対にかなわないのだ
そうです。

「たとえばさ、J党のKさんと、M党のMさん、どっちについてく?」
「んまあ、Kさんになるよね」
「そうなんだよ。奴はエロいんだよ。M党がいくらまじめに
がんばっても、だめなんだよ」
「ああ・・・なるほど」

エロい奴はがんばらなくても、何も言わなくても周囲が言うこと
聞いちゃうというか、そういう人のことらしいです。

社長とはそういう人種がなる。
ただし、センスのいい奴にはかなわなかったりする。

エロい、センスいい、かわいい。
この三つはグーチョキパーの関係で持ちつ持たれつしているのかも
しれません。

深夜はヘンな話をあんまりヘンじゃない感じでまとめてしまうものです。

そうそう明日12日は六本木ライブです。
現在4人でアマンド集合予定。
当日まで遊び仲間募ってます。




March 08, 2006

塩爺(しおじい)と話そう

塩川元財務大臣(愛称・しおじい)とお話できる会が今週10日金曜日に
開催されます。

サルサのページなのにしおじいをご紹介するのはどうしてかというと
私はできるだけ広範囲に人と会って、話すのが好きだからです。
そういう意味ではサルサは手段のひとつにすぎません。

前に山元学校というところに行ってきたことを書きました。
そこで出会った神田さんという男性、目がきらっきらしてほんとに
素敵な兄貴という感じでした。
また、神田さんと一緒にお仕事をされている小森さんという女性は、
私がここ数ヶ月悩んでなかなか結論がだせずにいた問題にすぱっと
見事なヒントを与えてくれました。初対面なのに。
お二人とも、自分のことばっかり考えるんじゃなくて、周りのこと、
若い人のこと考えていい国にしようよってオーラがばんばんに出て
いました。

困ったとき、悩んだときほどもっともっとおっきなことに目を向けて
自分の悩みを相対的に軽くするって方法があります。

もちろん、ほんとうにしんどいときはじっと静かに時を待つのが
一番ですけれど。

自分が10代、20代だったころ、もっともっと表にでて、知らない
人たちといっぱい話せばよかった。
ほんとうにがんばっている人にあって、学べばよかったととても
後悔しています。
ひきこもりは心地よいですが、成長のチャンスを奪うのです。
恐れずに、「いい人たち」に会ってみましょう。
これまでの悩みから一気に解放されるかもしれないよ。
私はこの1年そんなことばっかりです。
勇気をだして人に会ってみたら、いつのまにサルサをみんなで
一緒に踊れる環境ができていたのです。

ちょいとしおじいと話してきませんか?
ご案内は続きをみてください。続きを読む



成長の瞬間

大人になってからも年下と話し続けるのが私のエネルギー源です。
大人には経験、強さがあるけれど、現実に屈して大事なことを
見過ごすことが多い。子供は弱っちく不器用だけれど、好奇心と
純粋な優しさがある。掛値なしの大人をやらなければいけない
今の生活のなかで、精神をクリアに保つために年下の存在は
欠かせません。

縁あって二年間面倒をみてきた中三の男の子がいます。
野球が大好きで、年中真っ黒に日焼けした田舎の坊主です。
挨拶のときも人と目を合わせるのが苦手で、話の途中でも野球
中継が気になってもぞもぞラジオをいじりだすようなガキでした。
なかでも作文があまりに下手くそで、二年間しかり続けてきました。

「頭の中でどんなに立派なこと考えたって、人に伝わるように
文章書かなかったら誰もわかってくれんじゃないか!!」

いっこうによくならない作文を添削し、叱り、励まし続けた二年間でした。

今日、高校の合格発表があり、昼前に電話がかかってきました。

「先生」

「おう、どうだった」

「合格」



    それはおめでとう、といいかけたとき



「いたしました。」



    何も言えなかったです。






March 06, 2006

サルサで得たもの・失ったもの

サルサではじめて何か目に見えるものをいただいたのは
「ジャネット賞」っていう賞でシューズをもらったことでした。

ジャネットさんは日本でも大変人気のあるダンサーでイベントにも
たびたび呼ばれています。迫力満点のダンスもすばらしいのですが、
どちらかというと現在はサルサシューズデザイナーとして知られて
います。

ジャネットさんは当時、LAスタイルの最強チーム、サルサ・ブラバの
一員として活動していました。

イベントでペアダンスを披露して、サルサ・ブラバのメンバーが
気に入ったペアに賞を与える、というコンテストがありました。
もう何年前だったかわからないくらい昔のことですが。

その頃私はマンボスタイルのダンスにはまっていて、一番好きだった
ジャネットさんに自分のスタイルが認められるかどうか試してみたく
なりました。
そこで、仲間の一人を誘って、出ようぜってことになりました。

練習場所は、西新宿の都庁。ラジカセもって、夜中にティト・プエンテ
です。手のひらをぴしっと伸ばして、包丁で切るような動作がポイント。
リズムは通常の1・2・3でなく、4つのリズムを均等に三つに分ける
三連符どり。一曲通して振り付けを考えた初めての体験で、寝ても
覚めてもコンテストのことしか考えられなかったです。

コンテストでは三組ずつ観客の前にでて、それぞれのダンスを披露しました。
すごく楽しかったですね。前で見てるお客さんが「ああ、いいねこれ」
みたいな顔してくれるのが心強くて。みんなLAスタイル中心にやっていた
ので、私たちのとこは異色でした。

結果発表があって、ジャネットさんが「マンボスタイルで踊っていた
二人が個性があって気に入りました」とはっきり言ってくださったときは
天国に昇った気分でした。

やっぱり!あの人にはわかるんだ!!

賞として、彼女がデザインしたシューズをいただきました。
宝物です。

そのときの相方は現在ボデギータでキューバの伝統的なダンスを踊っています。

それからしばらくして、私は安定した職を辞職しました。
生活面では困窮の時代が続きます。

しかし、当時の自分にはジャネットのシューズに値するものは他になかったのだと
今でも思います。

ジャネット・バレンズエラさんのプロフィールはこちら
(ジャネット・バレンズエラ)







March 05, 2006

孤独な商売

最近、練習相手とかなり派手にケンカをしました。

ダンサーはいかんせん社会的によりどころがありません。

踊り方も流派もいろいろあって、自分の信じるものを一直線に

体現していかないといけないので、とにかく孤独です。

あ、あういうのもいいな・・・なんて目移りしていたらたちまち

迷いがダンスに出て踊れなくなっちゃいます。

フロアは下剋上。練習相手は私に「他人のダンスは見るな」と

はっきり言います。

仕事の取り合いもあって、ダンスを職業でやっている人は

概して疑心暗鬼に陥りやすいという印象があります。

私はサルサを孤独に踊るのがいやなので教室をはじめたのですが、

そのように思っているうちはまだ甘いのかもしれません。

でもまだ、このスタンスは変えたくないですね。

 

練習相手は、サルサのスタイルはもちろんのこと

ここのところ私のものの考え方、発する言葉まで注文を

だすようになってきました。

やれやれ。

なんでそこまで?というのはもうわかりすぎるくらい

わかっています。

せっかくパートナーとつめてつめてつめて完成あと一歩と

いうところで崩壊する二人がいかに多いか。

練習すればするほどぶつかる可能性は高まります。

表現の好み、音楽の解釈、技術的な不満などで修復不能な

までに衝突してしまう。

そうなるとこれまで積み上げてきた技と時間が一瞬にして

無に帰すのです。

だから、相手を完全に自分の支配下におきたいとついつい

あせってしまうのでしょう。

続きを読む



March 01, 2006

幸せな仕事

昨年のある時期に、いまどきの日本人はいったいどれくらい
睡眠時間をとっているのだろう?とふと気になったことが
ありました。

きっかけは、その頃しりあった飲食関係のコンサルタント
業界の人が、一晩に4時間くらいしか眠っていないことを
ひょんなことから知らされたことでした。起きている時間の
ほとんどを仕事に費やしています。

10時間睡眠が理想の私は驚いてしまいました。

・・・といわれて、逆に驚いてしまう方もいらっしゃる
でしょう。「いい大人がそんなに寝てどうするの?」と。

言い訳といってはなんですが、この仕事は一番いい時間に
眠ることがほぼ不可能なんです。
そうすると、眠りの質が落ちる分、量で補完しなくては
いけない、というわけで10時間睡眠がベスト。
ぶっ通しで2、3時間踊り続けることも少なくないので
ふらつくわけにはいきません。
深夜に勤務のある方は「たくさん寝ておかなくちゃ」感を
持っていることが多いのではないでしょうか。

というわけで、眠りと仕事には深い関係があります。
ベットに入る時間が何時か、というだけの意味ではなく、
睡眠の長さと仕事との関係で私が思うこと・・・

「仕事がとても気にいっている人は睡眠時間が短い」
「野心を持っている人も睡眠時間が短い」

学歴も環境も十二分に備わっているのに、すべてを蹴って
バーテンの仕事を選んだ知り合いがいます。
「勝手に『あなたはできる』って扱いをうけるのが
耐えられなかった。チャレンジしたかった」というのが
理由です。
睡眠時間は朝の6時から8時までの2時間。
料理やお酒の勉強をする時間がほしいから、と言って
いました。

もとバレリーナで、現在は秘書として飛び回っている
ものすごく美しい女性の先輩。睡眠時間4〜5時間。
休日はほぼなし。湘南に家を借りて料理屋をやりたい、
と言っていました。

そういえば自己実現に関して貪欲な人は、なぜか飲食関係を
仕事として選ぶことが多い気もします。人としてのベースだし、
好みをとことん追求するのにはこのジャンルが一番
ピンときやすいのでしょうか。

幸福な仕事にめぐり合うまで果てしない道のりを行く。
喜んで睡眠時間を削れるならば、たぶんその人は充実して
いるのでしょう。
逆に眠くて眠くて仕方がない人は、まだ目的地が定まって
いないのかもしれません。

自分の経験からなんとなくそんな気がしています。

眠り方でさえ年期をつまなければいけないのですね。



携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索