June 06, 2020

皆様どうでしょう:5

私は、コロナよりも、地球の温暖化のほうが問題としてずっとずっとずっとずっと重いと思っています。そういうと「じゃあコロナで発症してもおまえは治療をうけるな」という人が必ずでてきて、それがめんどくさいところです。やれやれ。私は治療をうけますが、なおってから、ああ、温暖化はやっぱりどげんかせんといかん、って性懲りもなく考えます。人間一度にできることは一つです。

温暖化をくいとめるにはどうすればいいか。ひとつは科学技術の発達です。先日、二酸化炭素を常温で分解する技術がついに開発された、それも日本の早稲田大学で、というニュースをみて、私はあまりのうれしさにガス乾燥機を買ったくらいです。それまで、温暖化が申し訳ないので洗濯物は天日干しにしていて、タオルにカビが生えても我慢して使っていました。いまはかびくさいものを身につけなくていいのです。ああどうか、早くその技術、実用化してください!!!!!お願いします!!!!!

もう一つは貧困を食い止めることです。バースコントロールは教育とセットで行われますので、教育ができる環境を整えないと貧しいところほど子どもがどんどんうまれ、人口が爆発します。子どもの命は尊く、その尊厳を守るためには人数がコントロールされていなければならない。人間の数だけがほかの生物を席捲している状況が、よくない。

さらにもう一つ。コロナのために人やものの移動に制限がかかっているいまの状況は、温暖化の観点からいうと好ましい。好きなときに行きたいところに行けることは、人間のもつ素晴らしい特権のひとつではありますが、それがどれほど特別なことかをこの機にかみしめるのは悪くない。これから旅や帰省のとき、これまでと一段も二段も違った感慨で移動することになる、そのことはきっと、いいことなのでしょう。

にしてもなあ・・・何を言っても必ず誰かしらの心を傷つけてしまうのが、いまです。そのことが、悪いウィルス以上に人と人を遠ざけてしまうとしたら、よくないなあ。

私がいま、ずっと仕事にしてきたサルサができなくなっちゃった、ということに免じて、感じたことを書かせてもらっているということでは、どうでしょう。書いても、いいものでしょうか。

皆様どうでしょう:4

また書きますといってからなかなか書けないのが生活というものです。
生きておりますよ。しかもかなり元気に。

この土曜日は驚くほど多くの方がこのブログを訪問してくださったようです。
そういうことは長らく気にしていなかったものですから、かえってちょっとびっくりしました。

皆さん、きっと心が疲れているんでしょう。それに、迷いますよね。

ネットに多くの情報が出回ります。その中で、必要な情報を選びとって、判断して、行動するわけですけれども、そこにたとえば家庭の悩み、親子の悩み、上司や就職の悩み、進学の悩み、就職の悩みなどがどんどんどんどん入ってきます。自分とシンクロしても、新鮮な驚きやショックをもってしても、いずれにしてもみんな必死だからそれがエネルギーを吸います。いまさしあたり心配がなく、よかったーと思っている人も、自分の所有している株は大丈夫か、FXは大丈夫か、安泰だと思ってきたこの会社はほんとに大丈夫か、などなど、潜在的な不安から逃れられる人はほとんどいないでしょう。

つまり時代が激変することに対する不安ですよね。

一回、アップします。

June 02, 2020

皆様:どうでしょう3

いただいたコメントを読んで、うまれかわったような厳粛な気持ちになっているところです。

現在、6/30火曜日のボンデージュ・ナイトを探り探り、やってみようかどうだろうかできるだろうかどうだろうか、という状況です。

人間とはなにか、ウィルスとはなにか、国家とはなにか、己とはなにか、生きるとはなにか、働くとはなにか、、、ぐるぐるぐるぐる思考が回転し、サルサとはなにかがその合間合間にうかんではふきとばされ。

また、かきます!

May 05, 2020

皆様 どうでしょう:2

世界は違う次元にワープしたかのようです。ほんとうにそう思います。

私が仕事ができないことを心配してメッセージをくださる方がいらっしゃいます。本当にうれしく、感謝しております。私は二十代のときにほんとにほんとの貧乏を経験しましたので、今の状況をさほどのことと思いません。日本の経済がいいときに、自分は貧乏であったときのほうがよほどこたえました。それ以上に、世の中のことを何も知らない自分の無知無力を恥じました。それに比べると、何がどうなってこうなっているのかが把握できるいまを楽しむ余力を、好んで生きています。

このようなときにサルサに何ができるのか?何もできません!!これはもう爽やかに何もできません。サルサが人生を豊かにすることを疑わない私でも、いまはサルサに何ができるのかを語る口を持ちません。歌ってなんぼ、集まってなんぼのサルサですから、歌えば飛沫がとび、集まってクラスターが発生するサルサが、現状「手も足もでない」のはどうにもならないことです。無力です!!これはもう、両手をあげて降参してしまいます。

ではこういうときに、何が私たちを救ってくれるでしょう。私は、「歴史上、人類に危機は何度もあった」ことを、サルサの成立する過程において改めてふりかえることは、自分を支えてくれると思います。もともと、サルサは奴隷貿易なくしてはうまれませんでした。奴隷商人にとらえられ、家畜として選別され、足に鎖をつながれて船につめこまれ、途中で死んだら海に放り込まれた。家族とも故郷とも引き離された。その人々と比較して、いまの自分らはどうでしょう。国で革命がおこった。家族の命が危なくなった。子どもだけを、なんとかして生き延びさせようとして海外に逃がした。それが今生の別れになって二度と会うことはなかった。それと比較して、いまの自分らはどうでしょう。内戦がおこって、政府軍とゲリラと他国の軍やらなんやらがごちゃごちゃになって道で打ちあっている。家にいても死ぬし外に出ても死ぬ。それと比較して、いまの自分らはどうでしょう。なんとかしてどうにかして生きていく。いままでもこれからも、そうなのです。生きるか死ぬかよくわからないのが人生というものでしょう。

どれだけ先になるかわかりませんが、歌って、踊れることがどんなに特別なことか、分かち合える日を待ちましょう。それまで、とにもかくにも生きてみましょうや。

それから、こういうとき、子どもだけは笑顔に、とかそういうことをつい考えてしまいますが、子どもにも、大人が大変なときは大変なんだって言っていいんだと思いますよ。困難は子どもを強くしますし、思考力を鍛えます。私は、子どもに「いまおかあさんはあまりにつかれてしまって一緒に遊びたくない」とか「おかあさんがぷりぷりしているのはあれもしなくちゃこれもしなくちゃと思っているからであって、きみの歯をみがいてアタマを洗ってあげるのがおわれば少しはにこにこにもなる」とか「おかあさーんてよぶんじゃなくて、自分でおかあさんのところに用をいいにこい」とか、えげつなくバンバン言っています。子どもは子どもで「ごめんなさいねえ」とか「わかったよ!!!」とか「じゃ時間決めて!!」とか、あの手この手で対抗策を打ってきます。このやりとりの先に、信頼関係がうまれるんだと思います。子どもだからって、なにも全部やってあげなくていいし、いわれっぱなしじゃなくていいんですよね。そうそう、子どものユーチューブがうるさいときはヘッドホンをつけたげましょう。もしくは自分が見たいテレビをみるときにヘッドホンをつけましょう。同じ空間のなかで別世界を生きれば、無駄にぶつかることもありません。



April 28, 2020

皆様 どうでしょう

元気ですかじゃなく大丈夫ですかじゃなく、おそるおそるどうでしょう、という低空飛行な入りかたをしなければいけないほどに、不穏な日々です。皆様いかがでしょう、どうでしょう?

私は毎日のことを、変わらす頑張っております。変わらない部分を丁寧にやるのが、今は大切ですよね。

うれしい出来事として、先日洗濯のあとの衣類ガス乾燥機をとりつけたんです。驚くほど家事の効率があがりました。本当にいい買い物をしたと思います。

笑顔と元気に繋がるならば、家電はなんでも買ってよし!こんなことを自分に許すことが、ようやくできるようになってきました。

毎日のことをかわらず丁寧に!!つづけましょう!!

April 24, 2020

明日4/25土曜日のポエたまは休会です

がまんが続きますが、そんな日々のなかにかえって発見が隠れておりますよね。

前向きに、前向きに!!


April 12, 2020

本日の新宿レッスンは休会です

こちらでの告知が遅くなってしまって申し訳ありません。

さきほど、スマホに「14時〜レッスン」と表示がでてきまして、それでここでの表示がまだであることに気がつきました。

もともとの予定がこういう形ででてくると、おさえていたさびしさもどかしさがわっと来ます。

なんだかんだと、テレワークに移行できてはいない方のほうが多いのではないでしょうか。勤務中も油断せず、日々丁寧に慈しんでいきましょう。

この機に読書、断捨離、旧友との文通など、できることはたくさんあります。

なんでもよきにはからっていければ。うん。

携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索