June 25, 2017

先日ぽえたまにご参加くださった皆様ありがとう

私は、春に千葉県の田舎に引っ越しをしました。
そのとき、もともと千葉の環境と県民性が好きだったこともあって生活環境がかわることはさほど気にしていなかったのですが、子どもがらみの手続きが膨大だったことと、資金面のことと、もちろん物量のことと、そういったもろもろのことがずっしりとのしかかってきまして、自覚はしないようにしていたものの非常に肉体的にきつかったのです。まず眠る時間が極端に少なかったです。
ぽえたまのある土曜日は、一番先に保育園をあけてもらって一番最後に迎えにいく、といった「立場的なストレス」もありました。もともと幼稚園だったそこは、土曜日に開園するということそのものがこの春はじめてのことで、何か「先生たちの一週間のスケジュール、ひいては労働環境を自分がダンスのためにかえてしまっている」ということを空気で感じ取って申し訳なさを背負いこんでいるようなところがありました。私はそういう空気的なものをどうしても無視できないタイプで、かつそういうのが一番こたえます。
現在は私と子どもがついたときにはすでにほかの子どもたちが何人かいるような、かつ私が迎えにいったときに最後のもう一人と一緒に帰るような状況に落ち着いてきました。また、どうすれば最短の時間とエネルギーで行き来ができるかというパターン構成もできるようになりました。
土曜日はお弁当を作らねばならないというのも、引っ越ししてからの急激な変化にあたります。外国のように、栄養価の高い黒パンにチーズをはさめばいいというわけにもいかず、生来真面目な私は煮物焼き物酢の物とどうしてもひとおおり揃えないと気が済まず、木曜日に材料を集め金曜日の深夜に仕込みをはじめる、といったこともしておりました。たかが弁当ですが、実際にいま、子どもが土曜日の朝にリュックに弁当をいれて「ぽんぽん」と二回、まるで中に赤子でもいるかのようにいとおしそうに、むちむちした手でたたく様子をみていると、たかが弁当と捨て置けない「意味」を読んでしまいます。毎日かなりの距離を車で送り迎えしていますので、通常は夕食といってもラーメンだけ、ご飯と味噌汁と焼き魚でせいいっぱい、それでも子供はつまらないからといって食べてくれない、そんな日々です。そのような中で、土曜日に持たせる弁当だけは必ず手の込んだものを持たせてやりたいですし、実際子どもはその弁当を残してきたことがありません。おそらく、「いえの和食」というもののよさを子どもはこの弁当でもって記憶に落とし込んでいくんだろうと思います。
ぽえたまではパフォーマンスを二回、土曜日にやらせていただきました。そのときは前日も遅くまで練習していますし、朝の10時からリハーサルをしているわけですが、そのときにも暗いうちから弁当を作っています。練習場所も実際の場所も都心ですし、子どもの送り迎えもありますので、睡眠時間は2時間か3時間程度です。パフォーマンスには表の戦いと裏の戦いと、二種あるわけです。そしてそれはメンバーも同じですし、そのほかのチームでもそうです。
ダンスという夢のような仕事をさせていただいているわけですし、子どもという愛嬌のある生き物を預かっていることもまたありがたいことなので、このしんどさも含めて私は幸せなんですけれども、しわよせがどこにいくかといえば、「口がきけなくなる」というのがそれにあたります。しんどすぎて、レッスンの前後の声がでなくなってくるのです。そうすると生徒さんとの交流がどうしてもうすくなります。レッスンのまえやあとにかわすちょっとした言葉が、どれだけ生徒さんにとって励みになるかということを、私は海外のレッスンのとき非常に強く感じました。インストラクターがフランクで、公平で、明るいということはレッスン場におけるまさに救いというか、「神対応」というものが確かにあります。私はそれを自然な形でやろうといつも思っていますが、それが行動に移せない時期があったとすれば今年の前半がそうだったかもしれません。かえりの電車に間に合うのかどうか(保育園の迎えに間に合わないということがどれほど日本のおかあさんの心を病ませているかということは、ちょっとなかなか説明しにくいというか、男性には本当に、この件を「日本の女性の生きにくさ」の筆頭にあたることと理解して、髪を振り乱している私たちを愛してほしいです。何より半分背負ってほしいです。本当にそう願います。)気が気でない状況で生徒さんと楽しくお話をするというのはなかなか、難儀なことでした。
しかしようやく昨日のぽえたまでもって、私はこの暗黒時代から少なくとも片足は引き抜けたような気がしました。みなさんとお話できるようになりました。それが本当にうれしかったです。そして皆さまからいただいた笑顔からたくさん力をうけとりました。
真っ只中にいるときには自らの状況を客観的にみつめることができないものです。それに、パソコンに向かうこと自体ができないものです。昨日今日はそれができました。私はサルサという未知のダンスに挑むことが本当に好きです。最近、ますます好きになってきました。私は私自身の体やテクニックに対してとても大きな不満があります。いいぞいいぞと思って踊っているわけではありません。くやしいくやしいと思いながら踊っています。ちくしょうと思いながら踊っています。このことが、みなさんがもし少しやる気がでないとき、元気がでないとき、練習に再びいどむ力の源になればいいのですが。

June 24, 2017

7月と8月のスケジュール

今日6/24は銀座ラスリサスで12時からレッスンを開催します。
詳細は前の記事でご確認ください!とっても濃く、ぐいぐいためになる内容です。汗もたっぷりかいていただきます。ぜひいらしてね!


今後のスケジュールです。
今日はざっくりと日にちと時間を。

7/2(日)14-18  六本木ゾナリブレでOn2ブートキャンプ
めちゃくちゃ内容が濃い。これはほんとに、絶対おすすめ。RIO渾身の四時間です。男性3000円 女性2000円 その後のグッチソーシャルにそのまま参加いただけます。Kz&RIOペアスタジオレッスンをご予定くださっていた方、今回Kzが急な海外出張となりました。お詫び申し上げます。
イベントスケジュールはこちら


7/8(土)銀座つぼ八でお座敷サルサ宴会ツボーチョ
今年も笑って踊って飲み倒そう!!


7/22(土)銀座ラスリサスでぽえたま

7/29(土)代官山サルサホットラインナイトでサルサダンス検定6級取得講座を担当します。無料でとれる級だから気軽に受けてね!内容はベーシックとシャインステップ。サルサがはじめての方でも大丈夫。しっかりご指導しますよ!

7/30(日)中目黒GTホールで昼の部レッスン「高低差と後ろ向きを使ったシャインステップ」高さの変化と背面の活用で目をひく魅力的なシャイン。あなたのステップに新風をふきこみます!
夜の部パフォーマンス”RIO presents Turn off the Light”さらに新しいチャンレンジをします。大きな大きな声援をよろしくお願いします!<早期参加表明で割引があります>←主催者への一報もお忘れなく!


8/6(日)14-16 On2レッスン /16-18 Kz&RIOペアレッスン

8/12(土)日暮里サル―でぽえたま(予定)

8/26(土)銀座ラスリサスでぽえたま

どのレッスンも入魂!!RIOのあっつあつの指導をお楽しみに!!



June 22, 2017

6/24 土曜日のぽえたま@銀座ラスリサスレッスン内容

On2 ブロークンレフトとよばれる手の持ち替えの入ったレフトターンとそれを使ったコンビネーションをピックアップします。手のトスが非常に繊細で、油断していると乗り遅れてしまいます。女性の重心移動と前進がスムーズに行われることを前提に成立していることをおさえましょう。男性はこれができると「おお、On2マスターだね」という印象をもってもらいやすくなります。最後は気持ちの良いルーティーンを踊ってしめましょう。

On1 簡単ながら非常に魅力的なサルサのシャインステップのご紹介から入ります。何度繰り返しても飽きず、どんどん陶酔していくパターンを一つマスターすると、自信がつきます。友達に「サルサってどんなの?」ときかれて相手がいないとき、「こんなの」と披露したら大ウケ間違いなし!
続くペアワークのコーナーでは男性が消えてまた現れるタイプのコンビネーションを中心に構築します。女性は頭を下げて抜ける部分もとりいれて体を存分に使いましょう。ただ覚えるだけでなく、心が躍る「流れ」を作って全員で楽しく踊りましょう!

イベントページはこちら!ご参加表明いただけたらとってもうれしいです!

June 18, 2017

おはようさんなりー

夜涼しいのっていいよねえ。

今、東京駅近くでお茶してます。
今日は日本サルサ協会で講習を受けて、エルカフェのラストノーパレに行くよ。
めっちゃ目立つルーティン用意してきたから14時からのレッスンにぜひきてクレイ。
パフォーマンス、桜子先生のチャレンジすごくいいよ。レゲトンて肉体美みせるスタイルだから、体細い日本人でチーム組んで作品作るのは簡単じゃない。それをやろうとしてる姿勢がいいし、生徒さんもよく応えてる。学ぶとこ大です。
そして夜は久し振りに飲むぞ&#8252;ホント久し振りなんだこれが。ポエタマノーパレ通して最後のエルカフェ。本日はどうぞよろしくお願いします。

salsaconsul at 09:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

June 16, 2017

2017年7月2日(日)14-18時/ On2ブートキャンプ@六本木スタジオZona Libre

これまでZona Libreで培ってきたOn2ならではのテクニックを駆使して4時間のOn2ブートキャンプを開催します。とにかく濃くてお買い得、Don't miss it!!!!!
内容一覧はこちら↓

On2に求められる基本フットワークとフレーミング、リード&フォローの方法

▲謄鵐轡腑鵑鬚△錣擦襯襦璽謄ーン(8×8カウント)

6覆旅膣屬妊丱轡辰隼澆泙辰討澆

のれを作るルーティーン(8×8カウント)...

ス兇瓩離轡礇ぅ鵑伴蕕蠅離轡礇ぅ

Π象的なキラールーティーン(8×8カウント)

Ш埜紊稜発に備えて・・・シャインもCBLも使うことなくペアで「待つ」方法

╋覆ひっくり返ってしまったときのさりげない戻し方

上記すべてをRIOが一曲通してデモンストレーション

・動画撮影を推奨します。充電とメモリは十分に!

・今回の内容は特に男性が最後まで踊り切るために必要な要素を網羅しています。したがってご受講料金は女性を割引にしますが、必要なテクニックは男女とも伝授します。

日時:2017年7月2日(日)14-18時

場所:六本木スタジオZona Libre
 東京都港区六本木7-18-13 B1「酒のカクヤス」のビル地下一階
こちらの地図がわかりやすいです↓
 http://www.zonalibre.jp/access.htm

ご受講料金:男性3000円 女性2000円

※レッスン後はそのままグッチソーシャルにご参加いただけます。
4時間のがんばりを称えて乾杯しましょう!!

※本来前半はレディーススピニングとスタイリング、後半はKz&RIOスタジオレッスンを開催するはずの日時ですが、Kzが海外出張で不在のため今回緊急特別企画として開催します。次回開催の予定は未定ですが、ご好評いただけたらまたの機会を考えます。とにかく楽しくやりましょう!!

June 13, 2017

渋谷Laurelへのご参加&応援の御礼と6/18ノーパレシゲシゲ@六本木エルカフェラティーノのご案内

おかげさまでM's Projectによるイベント@渋谷クラブLaurelのサルサ界お披露目にあたる企画は大盛況に終わりました。私は今回レッスンとパフォーマンスで参加させていただき、それはもう緊張なんてものではなかったです。レッスンではOn1、On2、キューバンの各スタイルを40分のレッスンのなかで網羅するというはじめての試みを行いました。これは、ゲストダンサーにYuko Boshさん、Naomiさん(小町でキセルの名演技をした方)、桜子さんという異なるスタイルでレッスンを行っている方々をお迎えしていることから、どのファンの皆さまにも冒頭から公平に楽しんでもらいたいという願いをもって提案させていただいたものです。各スタイルの差異を理解して楽しんでいけばいいというのが私の旧来からのスタンスで、それをレッスンに取り込んできた自分の「今」をお見せする大きなチャンスではないかとも思いました。しかしながら言うは易し、行うは・・・というわけで本当にこんなことが40分の中でできるのか、破たんしてお客様の心がイベント&私からかい離してしまったらどうしよう、という不安はもちろんありました。私の頼みの綱は「いまどきのお客様はなんでも貪欲にチャレンジしている、この企画だからこそ顔を出してくれる方がいるに違いないと『思おう』」というあたりだったのです。

開場してすぐ、どっと詰めかけたのは男性です。本当に「どっと」という感じでした。腕に覚えのある男性は女性たちをサポートしようとして、この企画って自分が参加しても大丈夫なのかなと少々不安を抱えている男性は私の「私がなんとかするから」という宣言を頼って、結果的には両方の男性が「とりあえず様子を見てみよう、自分はできることをできる範囲ですればいいから」という顔でどっと現れたのでした。私は双方の男性がどういうつもりで来てくださっているか、ある程度確実に理解していたつもりです。そのどちらの皆さまにも心から御礼申し上げます。サルサ界に存在するこのような「自助努力」的な空気を私は本当にありがたく、すごいものだ、時間の積み重ねがこの風土のようなものを育てた、というふうに感じております。皆さま貴重なお時間をそれぞれあの40分に投資してくださり、結果的に経過を見守るだけの男性も少なからずいらっしゃいましたが、私はそのお気持ちを見のがしてはおりません。ありがとうございます。

女性はそれにやや遅れて続々到着してくださいまして、あえて身をひいてくださった男性の気配りもあいまって会場は見た目上は男女同数の、人であふれるわいわいした雰囲気に包まれました。レッスンには急きょ相手役としてNaomi先生が入ってくださることになり心強いことこの上ありませんでした。On1でルーティーンの流れと王道の踊り方をマスターし、次にOn2でタイミングの取り方を単にカウントをずらすだけでなく間合いを変化させてらしさを演出していく、最後にキューバンスタイルでいかにあの押せ押せな空気をだしていくかまで、完全にやり遂げることができました。このレッスンに関しては、私はまさに今だからこそできたという感慨があります。もしかするとほんの2か月前でもできなかったかもしれません。あの会場で踊ってみて皆さんの空気をみて、あるいはNaomi先生の素晴らしいフォローを感じて、突発的に判断した事柄がいくつかあります。それがすべて、参加者の理解や安心や満足や発見につながった手ごたえがあります。たとえばぽえたま札幌ツアーでは札幌の皆さまが絶対的にキューバンスタイル派であることを知りながら、そこで私のミックスの概念を投入して熱狂してもらうことができました。そこにはサルサがはじめてという方も多数いらしたのに、全員が集中と陶酔のあまり長い間会場に茫然と立ち尽くしたままでした。また、六本木Zona Libreで行っている「置き換え不能のOn2」というレッスンでは、なかなか言語化されにくい「On2のテンションのやわさとその背景」について徹底的に追及してきました。まるで石に苔がはえるほどの鈍いスピードで培ってきた私の経験値を、あのレッスンでは投入しきりました。私たちはまだ、サルサというものすごい文化について知らないことが多いのだと思います。そして、日本人という外野の目線・比較の観点が持てるからこそ、その本質を突きつめることが可能なのだと私は思っています。そのうえで、苦労してオシャレして行き慣れないクラブまでたどり着いた女性にはイベントにおいて「楽しい」の一点しか感じていただく必要はありません。一方で男性は「なるほど」という感覚なくして楽しさを感じることのできない生き物です。これは差別ではなく、私が確信をもって、「そういうふうにできている」と実感している男女の差異です。ここまでやり遂げたと思えるから、今私は心の底から幸せです。ご参加くださった皆さん、身をひいてくださった皆さん、貴重なチャンスをくださったもとかさん。本当にありがとうございます。

さて、残念なお知らせがあります。先日六本木エルカフェラティーノにおけるぽえたま(第二土曜日)が最終回を迎えました。昨今の飲食業界の人出不足がついに私たちのささやかな楽しみにまで影響を及ぼすことになったのです。私にとってエルカフェラティーノは技術的にもサルササバイバルの意味でも修行に修行を重ねたまさに修羅場です。そこでサルサファンの皆さまに技術なり作法なり笑いなりを伝授していくことの喜び、誇りは他にかえがたいものがありました。エルカフェラティーノでは私はこれまでぽえたまとノーパレシゲシゲの二本の企画に参加してきました。そのうちぽえたまが先日最終回を迎え(もちろん他の会場では継続していきますからね!)、次の日曜、6/18にはノーパレが最終回を迎えます(もちろんDJシゲのパーティー”ノーパレシゲシゲ”は連綿と継続中です!)。「昼間から夜遊びできる」をテーマに、夜の外出がかないにくい方と、踊りたくて夜まで待てない方のマッチングをテーマに、毎回素晴らしいゲストを迎え(最終回となる次回は前述の桜子先生。脅威のボディムーブを目撃あれ)、かつ私自身の入魂のレッスンも設けて、開催してきたイベントです。超多忙のシゲさんとは残念ながら継続できる固定会場を探す余裕がありません。しかしながら、なんと大晦日(!?!?)に私たちは年越しのイベントを開催します。今年の締めくくりをぜひご一緒ください。

そう、パフォーマンスチーム「RIO presents Turn off the light」について何も詳しいことを書いていないですね!

あんまりたいへんで

いやもう本当に、ドラマです。渋谷Laurelのようなものすごいところでこの春から作品を披露しはじめたばかりのメンバーがある種のメッセージをお客様に投げ込むなどいうことは。メンバーがどれほど本番に向けて熱く自らを追い込んでいるか、言葉にはしつくせません。ひとつだけご理解いただきたいのは、全員が必死であった、ということです。出演しているすべての方々がそのような思いですが、私は私のチーム生のことをずっと見ておりますのでそのひいき目もこめて、本当に全員が、今もてる最大の力を発揮しようとしてあそこに立ちました。私にも、個人として、チームとして、それを束ねる身として、絶対にあそこで成し遂げなければならぬことがあるという想いを秘めて本番に臨みました。このチームの特徴は、のっけからものすごい数の応援がついているということで、しかもその応援が一回にとどまらず、次にも、その次にも、飽きず足しげく応援に通ってくれるという点にあります。その中にはぽえたまのGinさんもいらっしゃいます。私はその全体がどれほど貴重なことか、身にしみて知っております。一回みたらまあいいかというのが通常です。プロのダンサーによる公演であっても、よほどの大ファンでない限り二回三回通うということはそうそうしないものです。それが私たちのような駆け出しのグループにこう何度も声援をいただいてしまっては申し訳ないと思っているのと同時に、だからこそ毎回違うことをしようとチャレンジを続けているのです。メンバーには「そろそろ余裕をかまそうなんてことは一切考えなくていい。必死で踊って当たり前」と伝えてあります。パフォーマンスができるのは、一生のうちである時期に限定されており、ほんのわずかの歯車の狂いでもって参加できなくなるのが現実です。そのはざまがぴたりとかみ合った八人と一人です。この一回が一生だと思って踊る、そのような気迫のこもったステージをこれからもお見せしていきます。引き続きどうぞごひいきに!!

最後に再び、次回皆さまにお会いできるのは6/18(日)14時スタートのノーパレシゲシゲ@六本木エルカフェラティーノとなります。冒頭のレッスンから全力で、皆さまに笑いと満足と納得をお届けする所存です。私は現在、夜のレッスンをほぼ持てない状況ですので、エルカフェラティーノで皆さまとご一緒する機会は今後しばらく、もしかすると数年にわたって生じない可能性が高いです。DJシゲさんのプレイのツボを掴んだ曲筋というのはもう誰もが知っているところですから言うまでもないとは思いますが、そのほかにシゲさんはひとつひとつのパーティーでなんとかしてお客様を幸せにしようとなにもかも投げ出しているような人です。私はそのシゲさんに、はなむけをしたいのですね。シゲさんがいなかったら、PARAISOから連なるこの第三日曜のパーティーは実現しませんでした。私に六本木を拠点にする貴重な機会をくださって、シゲさんありがとう。最後まで突っ走りましょう。イベントページはこちらです。
ぜひいらしてください。お願いします。

そして。重要なお知らせがあと一つ残っています。

6/18は久しぶりにみんなと飲み倒します

よってあとにも予定いれるなよーーー!!以上!!


June 12, 2017

今日の応援ありがとう‼

渋谷の坂の上だかららくじゃなかったかもしれないけど応援にきてくれてほんとにありがとう&#8252;私は今回40分で3スタイルっていうレッスンがほんとにまとまるのか、提案はしたものの不安でしょうがありませんでした。そんななかたっくさんレッスンにきてくれたでしょう、それにみなさんあったかくて。おかげでパフォーマンスも踊りやすくなりました。統制のとれたところを見せることができたかな。まだまだ仮題はあるけれどみんなの声援をたくさんいただいてチーム一同感激しております。まだ駆け出しひよっこなのにこんなにサポートしてくれて、私たちは幸せです。一段と精進します。あつも、今日もありがとう&#8252;

携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索